Vol.10  −2001.10.2−

「レッスン」

9月から音楽の個人レッスンを始めました。
といっても全然レッスンっぽくなく、先生と話し合いながら楽しく過ごす
あっという間のひとときです。
先生といってもそんなに堅苦しくなく「カオルさん」と呼んでいて
ちょっと年齢の離れた兄貴のようです。
今は週一回、先生のスタジオで古い感じの渋っぽいブルースを二人で
ギターセッションしているって感じです。
もう少ししたら自分の楽曲をレコーディングしてみようと思っています。

塚本高史







Vol.9  −2001.9.25−

「秋の予感」

毎日30℃以上の日が続いていた夏も、
ようやく終わり、クーラーガンガンだった僕も
今は扇風機をつけ窓を開けて涼しい風にウトウトの毎日です。
あ〜今年の夏は海に行けなかったなぁ〜と思いつつ、
秋の予感を感じています。
今年の僕は「スポーツの秋」かなっと思って久しぶりに
サッカーをやったらとっても疲れてしまい、
運動不足を痛感しちゃいました。

塚本高史







Vol.8  −2001.9.12−

「悲しい光景」

昨日、アメリカでテロ事件がありました。
僕がこの事件を知ったのは携帯電話に入ってくる緊急情報からでした。
その情報には「米国時間11日午前9時40分、ニューヨーク世界貿易センタービルに続き
ワシントン国防総省にも航空機が激突」とあり、すぐTVをつけニュースを見ました。
僕はあまりテロリストとかテロ事件などに関心がなかったのですが、
今回のこのような事件は絶対にあってはならない事だと思いました。
幾千人もの犠牲者が出たことに心から悲しい気持ちになりました。

塚本高史







Vol.7  −2001.9.11−

「コメディー」

ドラマ「チェリー〜夏のLV大作戦〜」
あっという間に終わってしまいましたね。
マコッちゃんのようなキャラクターは初めてだったけど、どうでしたか?
自分としては最初は全く性格の違う役だったので役づくりがちょっと
難しかったけど、演っていくうちに地でいけるような感じになってきて最後は違和感なく
マコッちゃんになりきっていました。
本格的なコメディーは初めてだったけどこれからもまた機会があったらコメディーに
挑戦してみたいです。
もちろん「バトル・ロワイアル」のようなシリアスな役も演っていきたいので見守っていてね。

塚本高史




「チェリー〜夏のLV大作戦〜」の撮影合間のオフショット
写真をクリックすると大きく見れます。







Vol.6  −2001.9.3−

「清里へドライブ」

先日、地元の友達4人と友達の車で清里にドライブに行きました。
出発してすぐ車のエンジンオイルがなくなりそうだったので、
サービスエリアのガソリンスタンドでオイルを入れてもらいました。
行きは少し混んでいたけど3時間位で着きました。

清里に着いてまず一番最初にソフトクリームを食べました。
やっぱり清里といえばソフトクリームですよね。
それから清里の駅をブラブラして時刻が4時ぐらいになったので
帰りがてら川を見て帰ろうという事になって小淵沢の清流まで僕が運転して行きました。
初めての左ハンドルでちょっと恐かったけどなんとか小淵沢までたどりつき、
男4人で川を見ながらかき氷を食べました。

帰りはとても混んでいて4時間以上かかったけど自然にふれて山や川を
見るのっていいですよね。

塚本高史







Vol.5  −2001.8.22−

「ライブ」

8月19日、渋谷AXに[うたいびと はね]のライブを観にいきました。
はねのライブは久しぶりで今回のライブは、はねのセカンドアルバムが
でたばかりで、そのアルバムにはいっている曲ばかりでした。
ライブに行く前にアルバムを聴いていなかったので知らない曲ばかりでのるにのれず
はじけられなかったです。
でもやっぱり はね のライブはサイコウでした。

塚本高史







Vol.4  −2001.8.14−

「曲作り」

最近、2曲ほど曲を作りました。これから、ドラマだけでなく、
音楽的な事にもチャレンジしていきたいと思っています。
僕はどちらかというと、詩を書くより曲を作るほうが得意かな。
そこで皆さんに提案があります。
皆さんの中で詩を書く事が好きな方、その詩を送ってくれませんか。
その中で"これ"と思った詩に僕が曲をつけて一つの作品にしたいと思います。
実現できれば楽しいと思いませんか?

塚本高史







Vol.3  −2001.8.6−

「ガス欠」

毎日暑い日が続くなか、ちょっぴり悲惨な出来事の話を聞いて下さい。
日本テレビ「24時間テレビ」のドラマのロケの時の事、ロケ現場から
スタジオに移動する時にマネージャーさんの車に乗ったんですけど、
道を間違えてあっちにいったりこっちにいったり、スタジオの近くまできたら、
一方通行が多くてさんざん車を乗りまわしたあげく、坂道で突然「ガス欠」・・・・。
JAFを呼んだら1時間以上かかるとの事。そこで結構スタジオが近い?と思ったので
暑い中、僕はてくてくと歩いてスタジオへ。ところが坂道が多い中、30分も歩くはめに。
車を運転する方はガソリンをしっかり確認しましょう。

塚本高史







Vol.2  −2001.7.30−

「感動」

先日、レンタルビデオ屋さんで宮崎駿監督の「火垂の墓」を借りてきて、
夜、部屋のあかりを消して、ヘッドホンをして見ました。
最後の、妹の節子が土のだんごを作って「兄ちゃんどうぞ」と言った時はもう、
泪がとまりませんでした。
そして節子が死んで節子をお兄ちゃんが焼くあたりからボロボロボロボロ泣いてしまいました。
あの映画はかわいそうなんだけどなんか、心をほのぼのさせるようないろんな事を
考えさせられるとても感動する映画でした。

塚本高史







Vol.1  −2001.7.19−

「梅雨明け」

いつのまにか梅雨も明けて毎日30℃以上の日々が続いています。
けれど部屋ではクーラーガンガンの中、涼んでしまう僕。
なんか、今年の天気は異常らしく梅雨の最中も全然雨が降らず、
きっと水不足の夏になるかもしれない・・・。
最近は外が暑いのでつい部屋の中で曲作りをしたり、レンタルビデオを
見たりして快適に過ごしてしまいます。
これから夏にむけて外に遊びに行く人は夏バテに充分気をつけてください。
僕も気をつけようっと・・・。

塚本高史




Copyright 2003 (C) SUN MUSIC GROUP ALL Rights Reserved.